アーサナ手帳 修了生

機能解剖学の視点で矛盾のないアーサナの取り方をマスターするための「アーサナ手帳」を修了した方です。
各アーサナを閉眼でキープし、アーサナ塾認定講師によるチェックをクリアすることで次のアーサナに進めます。


レベル1は入門・初級クラスに対応する51のアーサナ、
レベル2は中級クラスに対応する51のアーサナを掲載しています。


アーサナ手帳1&2 修了生

アーサナ手帳1 修了生

修了生の声
  • 身体との繋がりを感じる、ヨガをしてこんな嬉しいことはないと改めて気づきました。解剖学的に一つ一つの古典のアーサナが意味するものを理解し、向き合い、完成形ではなくそこに至る過程で得る多くの気づきによって、自身をよく知ることができました。毎日の練習が充実し、指導にも変化がありました。(Natsuko)
  • 3A’は運動学、解剖学的な視点に基づき、個人の体の特性に合ったアーサナの取り方なので安全で安定するとはどういうものか実感できます。ただ教わっただけでは、意外と自分の習慣に気づけなかったり誤魔化したりしがちですが、アーサナ塾では自分の体の特性を知ったうえで、 理にかなった動きでひとつひとつ自分のペースで練習できます。(Akemi)
  • アーサナ塾のアセスメントから始まるシステムで骨格特性がいかに多種多様か気付かされました。同じカラダの人なんて1人もいません。アーサナを取ったときの方向性が形にはめ込むところとは全く別なところだと目から鱗が落ちました。(Shizuka)
  • 今までにない心地良いアーサナの取り方に目から鱗でした。分かりやすい説明とアイデア満載の攻略法(?) を教えていただき、これからのレッスンにおける自信に繋がりました。(Kumiko)
  • 単純に身体の使い方についても目から鱗だらけ。安定と快適の意味、アーサナを自分に合わせる意味をよく理解できた。自分のグナを見直すきっかけにもなった。(Yoshiko)
  • 身体の伸びる方向、アーサナの深め方、アーサナから身体へのフィードバックからマインドへのアプローチ、また様々なワークなど学ばせていただきました。(Yoshika)

認定講師

PAGE TOP