ブログ

物の見方には色入りな視点があります。

「相違」を探す視点は、、、

「AはBより◯◯が低い(高い)。」

「AはBより◯◯が弱い(強い)。」

 

相違の視点は「差を探す」といってもいいかもしれません。

差を探すと「比較」を生み、多くは自分のマイナスな部分に目が行きます。

または自分のプラスの部分に天狗になり、自分より低いものを見下したりします。

 

差を探し始めるとよりそれは些細な事になり、視野が狭まり、考えが狭まります。

そして差を探すほどエゴが強くなります。

「僕(私)は〇〇より〇〇だ。」

「僕」が大きくなります。

 

「共通」を探す視点は、、、

「AとBは〇〇が一緒。」

「AとBは〇〇の部分が同じ。」

 

共通項を探すとそれは「仲間」意識に繋がり、「安心」を生みます。

共通の視点を持つと多くは「寛容」になり、エゴが小さくなります。

山の頂から下界を見渡している感じですね。

 

さて、ヨガではどちらを目指しているのでしょうか。

おそらく共通の視点だと思います。

 

A町民 vs B町民よりA市民 vs B市民の視点を

A市民 vs B市民よりA県民 vs B県民の視点を

A県民 vs B県民よりA国民 vs B国民の視点を

A国民 vs B国民よりA星人 vs B星人の視点を

A星人 vs B星人よりA銀河人 vs B銀河人の視点を

A銀河人 vs B銀河人より「宇宙」の視点を