お知らせ

佐保田先生の「ヨーガ禅道話」よりヒントになるような名言を紹介します。

 

「ヨーガをやって成功する秘訣は、、、厳しすぎもせず弛(ゆる)過ぎもしない。」

 

「中」または「節」と言うそうです。

例えとして「琴の弦」を上げられています。

弦は締める強さが「強すぎても弱すぎても」いい音がなりません。

ちょうどいい張り具合でいい音が出るわけです。

 

ヨーガの練習も、気張りすぎて、怠けても上手くいかないのです。

アーサナを練習する時も中程度を心がけたいですね。

 

息が止まるほど、汗が吹き出るほどの強度でアーサナは行わないほうがいいですね。

疲労し集中力は持たないでしょう。

だらけても活力がなくなり、やはり集中はできないでしょう。

中庸は快適でありながら集中力が高い状態です。

 

指導者も、生徒さんに対して煽ったり、痛みを強要したりするのは適切とは言えません。

リラックスも、良かれと思ってもし過ぎは中庸ではないですね。

ある意味一番難しいのが中庸です。