ブログ

よく「ヨガで腰痛や膝痛が治りますか?」とか「側弯症が治りますか?」と聞かれる事があります。

 

確かにヨガが体にいい変化を副次的にもたらして痛みなどが軽減することはあるでしょう。

しかし、ヨガは治療法として発展したものでもそれを目的とするものでもありません。

 

ヨガは「悟り・解脱への道」であり、「苦を減らし幸せに気付く方法」です。

 

何か病気や障害を治したいと思うならば病院や治療家に見てもらうべきです。

ヨガのインストラクターの方も生徒さんの希望に沿おうとして直そうと思うのならば医療資格をとるべきです。

 

もちろんお医者さんに行っても治らなかったものがヨガをしてよくなったという話もあります。

しかし、だからといってヨガに治療効果があるとは言い切れません。

そもそもヨガの何がよくしたのか証明したものはありません。

科学的な研究でも医学に勝るものは出ていません。

ヨガ全体が気分をよくすることや免疫を上げることはあってもヨガは病気を治すために発展した方法ではないのです。

 

こういう研究があります。

病院に通っている方を対象としてヨガを行ってもらったところ、病気自体は変わらなかったが幸福感が上がったというものです。

つまり病気を持っていても心は病んでいないということです。

ヨガは現状をどうこう変えることではなく、物事の捉え方や考え方に変容を与えるのです。

 

ヨガの目的を忘れずにヨガを伝えていきたいですね。

ヨガを受ける方も過剰な「期待」を持たず、苦しみを作っている原因をヨガを用いて見つけて頂きたいですね。