お知らせ

アーサナでは、「手を伸ばす」とか、「床を押す」とか、「首を伸ばす」など

意識してあること、動きを「する」ことが重要です。

 

ただ手を挙げているのと、手を伸ばすのは違います。

ただ脚を開いているのと、床を押しているのは違います。

 

この「する」ことに集中することが、意識を研ぎ澄ます技法です。

ですから、なんとなく姿勢をとっているのと「する」ことを意識することは見た目は同じポーズでも全く違うものと言えます。

 

これはマインドにも影響を与えます。

例えば、他人が落し物をした時にそれに気づき直ぐに「落としましたよ。」と声がかけられるかということになります。

辛い時に素直に「辛いんだよね。」と言えるかということです。

 

多くの方は、今こんなことを言ったら変に思われるかな、、、。

などと自分の体裁を気にすると思います。

ヨガでは素直に「する」ことに集中して実践します。

そうすると、自然と自分に素直になれるようになります。

 

もちろん集中力も高めやすくなりますね。

 

アーサナは見た目ではなく、その姿勢で何をしているかが大切なのです。

アーサナアナトミカルアプローチではアーサナの中で何を「する」のか解説します。

アーサナの効果、力を本当に体験できる練習を一緒にして行きましょう。