開催報告
講座名: 指導者のためのアーサナ・アナトミカルアプローチ養成コースレベル1
日時: 2018 年9 月15 日(土)11:00~18:00、16 日(日) 9:00~16:00
開催場所: studio SAPO
講師名: 中村尚人 ・ しんのすけ
  参加人数: 10 名

関西初上陸です! 関西第1弾は大阪の studio SAPO様で開催いたしました。

Q. 本日のワークショップで最も印象に残ったことは何ですか?

  • 身体を意識しすぎで、身体が窮屈、ヨガの心地良さが分からなくなっていたので、全てが腑に落ちました。
  • ヨガインストラクターとして何を伝えないといけないのか、どういう視点を持って身体を動かすべきなのか等、難しいと思っていたことが実はシンプルだったことに気付けました。
  • 今までもしかしたらそうかもしれないと思っていたことが、本当にそうだったと実感できました。これからヨガの実践、学ぶ学びたいことも含めて道筋がみえました。
    ニュートラル、中庸、サットヴァの繋がり、心地よさ、それらが実感として繋がる感覚の練習が大切ですね。
  • すべて基本、伸びること(ニュートラル)に繋がりました。その感覚、安定、気持ちよさが感じられて嬉しかったです。同じアーサナでも違うパターンがある事を知り、確認出来て良かったです。練習法を変えてより上達していきたいです。
  • 身体の中心を引き合うことを知りました。アジャストしてもらったときの安定を確認でき、とても楽しかった。普段アーサナを見てもらう機会がなかったので、良い勉強になりました。